妄想は永遠の正義

ドラマやアニメの感想記事をメインに、雑多なことを書き綴っています。

【陸王ドラマ・第4話のネタバレ台詞】~心のない勝ちよりも意味のある負けが大切~

f:id:skyhigh1466:20171030231337j:plain

 

「陸王」視聴後の記事はボリュームがあるので、

感想パートと台詞パートの2つに分けています。

 

www.soralogue.com

 

あなたの好きな登場人物は誰ですか?

彼らの言葉から元気をもらって、明日も楽しくがんばりましょう。

 

 

陸王・キャスト一覧

 

 

陸王・第4話の台詞

 

宮沢紘一(役所広司):こはぜ屋4代目社長

 

f:id:skyhigh1466:20171120110008p:plain

 

【確かに飯の種は大事だけど、

そのためだけっていうのは、ちょっと味気ないな。

たとえば、こんなのはどうかな。

いつか陸王を世界一のシューズにするため、っていうのは・・・

おれひとりじゃ、到底かなわない夢だけど、みんないてくれるから】

 

【ここまで来て簡単には諦めたくありません】

 

【シューフィッターというのは、

そんなことまで責任を負うものなんですか】

 

【ああ・・・なんて言ったらいいかな。もうわからないことだらけで。

でも、それが無性に楽しいんですよ。わからないことが楽しいんです。

気がつくと陸王のことばかり考えて、毎日わくわくしてます】

 

【茂木選手の諦めない姿を見て、

私も陸王を作ってみようと決意したんです。

私たち、こはぜ屋と彼は同じような気がして・・・

何をバカなことを言っているんだと笑われるかも知れませんが、

もし茂木選手が世界一のランナーを目指すなら、

私はこの陸王を世界一のランニングシューズにしたい。

それが私の夢なんです】

 

【・・・もちろんです。こちらこそ。

小さな会社ですけど、こはぜ屋一丸となって、精一杯あなたの力になりますから】

 

正岡あけみ(阿川佐和子):こはぜ屋縫製課のリーダー

 

f:id:skyhigh1466:20171120111122p:plain

 

【村野?村野って、アトランティスのシューなんとかって人?】

【いい感じじゃない、気に入ったよ!】

 

安田利充(内村遥):こはぜ屋係長

 

f:id:skyhigh1466:20171120110743p:plain

 

【おれは信じてたよ。必ずやってくれるって】

 

坂本太郎(風間俊介):埼玉中央銀行前橋支店勤務

 

f:id:skyhigh1466:20171120114616p:plain

 

【宮沢社長はがんばっているんです。

陸王を10年後の飯の種にするために】

 

有村融(光石研):ランニングアドバイザー

 

f:id:skyhigh1466:20171120112923p:plain

 

【すみません。せっかくの機会だから、

お二人を引き合わせようと勝手に画策してしまいました】

 

城戸明宏(音尾琢真):ダイワ食品陸上部監督

 

f:id:skyhigh1466:20171120114201p:plain

 

【お荷物を抱えてる余裕などない】

 

【自分たちのシューズを売りたいために、

選手を利用してるだけなんじゃないのか?】

 

村野尊彦(市川右團次):アトランティス専属シューフィッター

 

f:id:skyhigh1466:20171120115809p:plain

 

【靴底に小石が入っただけでも、気になって歩けないだろう?】

【統計学的なデータは大事ですが、選手は生身の人間です】

 

【茂木は不良品などではない!】

【それがあなたの言うアメリカ流の正義ですか】

 

【・・・アトランティスも堕ちたな】

 

【わかりました。そこまで仰るなら責任を取りましょう。

辞めさせていただきます】

 

【ただ足を見るだけでなく、性格やくせ、目標を知って、

その選手と同じ夢を見ることが、

シューフィッターの仕事だと、私はそう、思っています】

 

【宮沢さん、その夢、私にも手伝わせてもらえないだろうか?】

 

【はじめまして、村野です。これまでは選手と同じ夢を見てきましたが、

これからは、こはぜ屋さんと同じ夢を見させてもらうことにしました。

どれぐらい役に立つかはわかりませんが、精一杯やらせてもらいます。

力を合わせて陸王を世界一のシューズにしましょう】

 

【大丈夫だ。おれが保障する。宮沢さんは信頼できる人だ】

 

小原賢治(ピエール瀧):アトランティス日本支社営業部長

 

f:id:skyhigh1466:20171120120507p:plain

 

【つべこべ言ってないでさっさと謝れ!】

 

【負け組業者と、負け組シューフィッターと、

負け組選手、お似合いじゃないか】

 

【お前の目は節穴か、佐山。茂木のサポートを取り返せ!】

 

毛塚直之(佐野岳):アジア工業陸上部エースランナー

 

f:id:skyhigh1466:20171120114458p:plain

 

【おれはおれの実力を、

より高く評価してくれるところの靴を履くだけです。

それから、こう言っちゃ失礼ですけど、

最後に勝てるかどうかは、

自分の実力が決めるものだと思ってますから】

 

茂木裕人(竹内涼真):ダイワ食品陸上部エースランナー

 

f:id:skyhigh1466:20171120113644p:plain

 

【やっぱかなわないな、村野さんには・・・】

 

【この靴のせいです。

 走っていて、こんなに気持ちのいいシューズは初めてです。

 だからつい、オーバーペースになってしまって・・・

 でも、久々に楽しく走ることができました】

 

【宮沢社長、もし僕でよければ、

 正式にサポートしていただけませんか。お願いします】

  

陸王・第4話のまとめ

 

「こはぜ屋」が自社の技術を生かして、新しい製品を作るのはいいことですが、

ランニングシューズは足袋と違うので、専門的な知識を持った人が必要となります。

 

シューフィッターの村野はまさにうってつけでした。

 

アトランティスの小原は目に見える結果を重視しますが、

村野はそれとは正反対で、シューズを履く選手の性格や状態をしっかり把握します。

 

彼が「こはぜ屋」のシューフィッターになることによって、

「陸王」は生きたランニングシューズに進化するでしょう。

 

同じ企業にいても考え方が水と油では、いい仕事をするのは難しいものです。

 

村野はアトランティスをリストラされましたが、

逆にあの上司から離れることができて良かったと思いますよ。

 

f:id:skyhigh1466:20171216202918p:plain

 

つたない文章を最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
では、また次の記事でお会いいたしましょう。

 

陸王・第5話の感想

 

www.soralogue.com

 

最初から読みたい方はこちらをどうぞ

 

 

www.soralogue.com

 

www.soralogue.com