妄想は永遠の正義

ドラマやアニメの感想記事をメインに、雑多なことを書き綴っています。

【陸王ドラマ・大橋融資課長】妄想は本当に偉大でした

f:id:skyhigh1466:20171125162007j:plain

 

みなさん、こんにちは。
「妄想は永遠の正義」のオーナー
御園そら(@sky_high1466)です。

 

f:id:skyhigh1466:20171216202918p:plain

 

突然ですが、

みなさんは「妄想」についてどう思いますか?

 

一般的には、あまりいい意味はありませんよね・・・

 

kotobank.jp

 

リンク先のサイトにはこう書いてありました。

 

『病的な状態から生じた誤った判断。確信的であること、

経験や推理に影響されないこと、内容が現実から遊離していること』

 

なるほど。

 

これって拡大解釈すると、

「恋」や「片思い」になるんじゃないでしょうか。

 

【御園さん!あなたは既婚ですよ!!

危険球を投げないで下さい!!!】

 

はいはい、横浜スタジアムの一塁側スタンドからヤジが飛んできそうですが、

私と夫は30年もバッテリーを組んでいるので、ご心配には及びません。

 

今日の記事はいわゆる「エア恋愛」のお話ですから。

 

このブログの常連の方ならおわかりかと思いますが、

私はいま「陸王」に登場している大橋融資課長がお気に入りなんですよ。

 

www.soralogue.com

 

 第5話は「こはぜ屋」に対して厳しかった大橋融資課長が、

まさかの味方になる回で話題になりました。

 

彼は普通にカッコいいんですが、

ツンデレというのは私の好みのタイプなんですよね。

 

f:id:skyhigh1466:20171125165812j:plain

 

でも、この人は最初、

「鬼の融資課長」という冷たいオーラを持っていて、

わずか20人しかいない「こはぜ屋」にリストラを要求したんです。

 

だから第一印象は最悪でしたね。

 

とはいえ、彼の言うことは理にかなっているので、

「人への対応と言葉の選び方」で損をしていると思いました。

 

実はこれ、リアルの夫とバッチリ符号するんですよ。

 

大橋融資課長とわが夫の見た目は似ていないんですが、

中身が驚くくらいソックリなので、絶対ツンデレに違いないと確信しました。

 

ですから・・・

 

 

あなた方が作業しているところを初めて見ました。

こはぜ屋さんは将来性のある会社だと、

銀行員としてそう判断しました。それだけです。

新しい陸王、完成したら・・・私、買います。

 

 

 

これはもう、私の中では想定内でしたよ。

 

大橋融資課長の困ったところは、

ドラマ好きでありながら、めったに「2.5次元」には興味を示さない私を、

「エア恋愛」のポケットに押し込んでしまったことです。

 

まったく、お金がぜんぜんない干物主婦なのに、

「埼玉中央銀行行田支店」で定期預金口座を作りたくなっちゃいましたよ。

 

『大橋融資課長、責任を取ってください!』

 

でも、そのおかげで助かったことがありました。

あの恐怖の虫歯治療です。

 

私の行きつけの歯医者さんは女性スタッフが圧倒的に多くて、

主治医も桐谷美玲さんに似た美人です。

 

とはいえ、虫歯の治療はなかなかハードで、

診察台の上にいるときは、何か「妄想」をしないと緊張がほぐれません。

 

そこで女性の先生には申し訳ないんですが、

私は「もし大橋融資課長が歯医者さんだったら・・・」と考えてみたんです。

 

すると不思議なことに、処置がぜんぜん怖くなくなったんですよ。

 

もともと私の想像力はなかなかのものなんですが、

虫歯の治療にまで効果を発揮するとは思いませんでした。

 

さらに大橋融資課長は、夢にもしばしば登場します。

有名人の夢を見るなんて、まるで女子中学生にでもなってしまったようです。

 

気になったので、夢のことをちょっと調べてみました。

 

uranailady.com

 

上の記事によると、

やはり理想とか願望というのが夢という形になっているようです。

 

場合によっては、

【夢に出てきた人物からパワーをもらえる】という意味もあるそうです。

 

いずれにしても、自分にとってプラスになる「妄想」であれば、

大いに利用して楽しむ価値はありますよね。

 

ただ、大橋融資課長がずっと「こはぜ屋」の味方なのかは、

明日(11月26日)放送の「陸王・第6話」を見なければわかりません。

 

私はコーエーの歴史ゲームでも、敵キャラを好きになったりするので、

大橋融資課長がまた悪役に戻っても、まったく大丈夫ですが、

せっかくデレたんですから「こはぜ屋」を最後まで応援してほしいですね。

 

f:id:skyhigh1466:20171216202918p:plain

 

つたない文章を最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
では、また次の記事でお会いいたしましょう。