妄想は永遠の正義

ドラマ感想をメインに雑多なことを書き綴っています

【99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡドラマ感想】第4話

f:id:skyhigh1466:20180116180644j:plain

 

こんにちは。御園そら(@sky_high1466)です。

 

私は自他共に認める主婦ゲーマーなんですが、

歴史モノしかやらないので、他のゲームのことはよく知りません。

 

でも、このドラマを一緒に見ている娘が、

「逆転裁判が面白いよ」と言っていたので、

いつかやってみようと思います。

 

★SEASONⅡの公式サイトはこちらです

 

www.tbs.co.jp

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

 

99.9-刑事専門弁護士-OPナレーション

 

日本の刑事裁判における有罪率は99.9%

いったん起訴されたらほぼ有罪が確定してしまう

このドラマは残りの0,1%に隠された事実にたどり着くために

難事件に挑む弁護士たちの物語である

 

登場人物紹介

 

深山大翔(みやまひろと)

演:松本潤(幼少期:森田愛蓮)

斑目法律事務所の風変わりな弁護士。

事実をとことん追求しないと気がすまない。

考えを整理するときは必ず料理をする。

 

佐田篤弘(さだあつひろ)

演 :香川照之

刑事専門ルームの室長。

依頼人の利益を優先するため深山とはよくぶつかる。

無類の競馬好きで恐妻家。

 

尾崎舞子(おざきまいこ)

演:木村文乃

元裁判官。

大学法学部在学中に司法試験に合格したエリート。

事情があっていったんは司法から離れるものの、

正式に斑目法律事務所と契約する。

 

明石達也(あかしたつや) 

演:片桐仁

深山とはくされ縁のパラリーガル。

20年間にわたって司法試験にチャレンジするが全敗中。

 

藤野宏樹(ふじのひろき)

演:マギー

立花をサポートするパラリーガル。

双子の娘を持つ温和な男性。

 

中塚美麗(なかつかみれい)

演:馬場園梓

戸川が寿退社したため代わりに入ったパラリーガル。

ふくよかな女性でプロレスおたく。

留学した立花とは知り合いらしい。

 

落合陽平(おちあいようへい)

演:馬場徹

企業法務を担当するがたまに刑事事件に首を突っ込む。

資格マニアで惚れっぽい性格。

 

佐田由紀子(さだゆきこ)

演:映美くらら

佐田の妻で専業主婦。

美人だが肝の据わった性格で笑いながら怒る。

 

坂東健太(ばんどうけんた)

演:池田貴史

居酒屋「いとこんち」の店主で深山の従兄弟。

深山の過去を知る数少ない人物。

 

加奈子(かなこ)

演:岸井ゆきの

自称シンガーソングライター。

深山に片思いしている。

 

斑目春彦(まだらめはるひこ)

演:岸部一徳

班目法律事務所の所長。

飄々とした人物で洞察力に長けている。

 

川上憲一郎(かわかみけんいちろう)

演:笑福亭鶴瓶

東京地方裁判所の判事で所長も努める。

バランスの良い判決を出すことが信条。

事実にこだわる深山とは意見が合わない。

 

第4話のあらすじ

 

刑事専門ルームに新しい依頼がありました。

 

依頼人は岩村梢(有森也実)という女性で、

夫の直樹(ユリオカ超特Q)が殺人容疑をかけられたというものでした。

 

直樹は工場を経営していたのですが、

取引先の棚橋製作所から契約解除を言い渡され、

思わずカッとなって専務を殺害してしまったといいます。

 

しかし直樹は事件の直後に、

現場近くのビルから飛び降り自殺をしてしまいました。

 

被疑者死亡のまま書類送検となったのですが、

結局、事件は不起訴となっていたのです。

 

ところが梢には困った問題がありました。

 

殺害された専務の兄で棚橋製作所・社長の政一郎(迫田孝也)から、

3億円の損害賠償請求をされていたのでした。

 

梢は夫から送信されたメールの文章から、

「彼が犯人ではない」と確信しており、

絶対に無実を立証してほしいと懇願します。

 

佐田(香川照之)は、被疑者死亡の場合は裁判が行われないため、

弁護をするのは難しいと答え、梢に相続放棄をすすめました。

 

でも深山(松本潤)は、事実を探るために現場に向かっていました。

 

佐田は舞子(木村文乃)に深山を連れ戻すよう言いますが、

乗りかかってしまった船なので、協力することにします。

 

そして事件を再検証するうちに、

警察と検察の刑事記録に矛盾があることが判明したのです。

 

さらに佐田は、直樹がエンジンに関する特許を持っていて、

それが莫大な価値であったことに気付きます。

 

棚橋政一郎は梢に相続を放棄させることで、

直樹の特許を手に入れようとしていたのです。

 

佐田は、棚橋政一郎の顧問弁護士・森本貴(近藤芳正)に会いに行きます。

 

森本はやり手の弁護士で佐田とは初対面でしたが、

互いにライバル心を燃やしました。

 

舞子(木村文乃)は裁判官時代に知り合いだった検事のもとに行き、

事件の再調査を願い出ますが、あっさりと退けられます。

 

打つ手がなくなったかと思いきや、

佐田は刑事事件を民事裁判で戦うと言い出すのでした。

 

第4話の感想

 

ちょっと複雑な物語でしたが、相変わらずキレがいい仕上がりでした。

 

この作品のカメラワークについては賛否両論あるんですが、

いつもお邪魔しているブログに興味深い記述がありましたよ。

 

毎回感心する作品だが、何回改めて感じたことがある。

それは、今回は特に際立った録画を見ないと分かりづらい大量の小ネタや、

人によっては目まぐるしく感じるような細かなカット割りは、

意図的に取り入れているのでは?ってこと。


(中略)


録画を見直す。

これ、少し前から導入された、

リアルタイム視聴以外の視聴者動向も数値化した、

「総合視聴率」をも考慮しているのではないか?と考えた訳。

一部の出演者目当ての視聴者が録画を見るのは当然でも、

小ネタを楽しむために録画を見直すと言うのはなかなか無いこと。


もし、第1話からの演出家である木村☺ひさし氏が、

意図的にやっているとしたら、

やはり恐るべし挑戦的な演出家であると言わざるを得ない。

 

引用元:ディレクターの目線Blog

http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10982/

 

ドラマというのはお料理と同じなんじゃないかと思うときがあります。

素材(題材&キャスト)・調理(脚本)・盛り付け(演出&音楽)ですね。

 

この3つがうまく調和したものは「名作」と呼ばれるんですが、

中には素材はいいけど調理がダメだったり、

素材も味もいいのに盛り付けがダメなものもあります。

 

この「99.9」はものすごく個性的な作品で、

たとえていうならエスニック料理のような雰囲気です。

 

つまり「好き嫌い」が分かれる作風ということなんですよ。

 

私は亡き父が「親父ギャグ」ばかり言っていた人でしたし、

学生時代に弁護士に憧れて六法全書を斜め読みしたことがあったので、

この作品には最初からすんなり溶け込むことができました。

 

ただ謎解きという視点で見ると、今回は少しわかりにくかったので、

「古畑任三郎」のように最初から犯人がわかった設定でも良かったと思います。

 

真犯人を演じた迫田孝也さんは、

2016年の大河ドラマ「真田丸」では矢沢三十郎でしたね。

 

そのため工場の旋盤の名前が「さなだまる」で、

事件現場の近くの会社の名前が「三谷工機」になっていました。

 

こうした細かいところにこだわるのが、「99.9」の最大の魅力です。

 

これが捻りのまったくない法廷ドラマだったら、

たとえ松本潤さんが主演でも、2桁の視聴率を取るのは難しかったでしょう。

 

深山が謎を解いたときにつぶやくギャグ

 

f:id:skyhigh1466:20180206211752p:plain

 

 

法廷で親父ギャグを言うとは驚きましたね。

 

相手の弁護士もやり手だったので、

ギリギリまで反撃することができなかったからです。 

 

深山が「真犯人はあなただ!」と叫びましたが、

法廷シーンで白黒がはっきりするのは、本当にスカッとしますよね。

 

印象に残ったフレーズ:藤野宏樹

 

f:id:skyhigh1466:20180206212718p:plain

 

深山先生、尊敬してます。
もし家族に何かあったら深山先生に頼みます。

 

 

藤野さんは双子の娘を持つ温和な男性で、

斑目法律事務所の刑事専門ルームで働くパラリーガルです。

 

パラリーガルというのは、

弁護士の監督の下で、

定型的・限定的な法律業務を遂行することによって、

弁護士の業務を補助する者のことをいいます。

 

刑事専門ルームのパラリーガルは藤野さんのほかに、

深山とは腐れ縁の明石や、プロレスおたくの中塚がいます。

 

藤野さんのこの台詞が気になったのは、

家族思いの彼が「何かあったら・・・」と言ったからなんです。

 

「99.9」のSEASONⅠでは、

深山本人が殺人容疑をかけられて逮捕されるという事件がありましたが、

藤野さんのご家族も事件に巻き込まれないことを祈ります。

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう。