妄想は永遠の正義

ドラマ感想をメインに雑多なことを書き綴っています

【99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡドラマ感想】第3話

f:id:skyhigh1466:20180116180644j:plain

 

こんにちは。御園そら(@sky_high1466)です。

 

日曜の夜は2つの好きなドラマがあるんですが、

「視聴熱」が冷めないうちに感想をUPしますね。

 

★SEASONⅡの公式サイトはこちらです

 

www.tbs.co.jp

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

 

99.9-刑事専門弁護士-OPナレーション

 

日本の刑事裁判における有罪率は99.9%

いったん起訴されたらほぼ有罪が確定してしまう

このドラマは残りの0,1%に隠された事実にたどり着くために

難事件に挑む弁護士たちの物語である

 

登場人物紹介

 

深山大翔(みやまひろと)

演:松本潤(幼少期:森田愛蓮)

斑目法律事務所の風変わりな弁護士。

事実をとことん追求しないと気がすまない。

考えを整理するときは必ず料理をする。

 

佐田篤弘(さだあつひろ)

演 :香川照之

刑事専門ルームの室長。

依頼人の利益を優先するため深山とはよくぶつかる。

無類の競馬好きで恐妻家。

 

尾崎舞子(おざきまいこ)

演:木村文乃

元裁判官。

大学法学部在学中に司法試験に合格したエリート。

事情があっていったんは司法から離れるものの、

正式に斑目法律事務所と契約する。

 

明石達也(あかしたつや) 

演:片桐仁

深山とはくされ縁のパラリーガル。

20年間にわたって司法試験にチャレンジするが全敗中。

 

藤野宏樹(ふじのひろき)

演:マギー

立花をサポートするパラリーガル。

双子の娘を持つ温和な男性。

 

中塚美麗(なかつかみれい)

演:馬場園梓

戸川が寿退社したため代わりに入ったパラリーガル。

ふくよかな女性でプロレスおたく。

留学した立花とは知り合いらしい。

 

落合陽平(おちあいようへい)

演:馬場徹

企業法務を担当するがたまに刑事事件に首を突っ込む。

資格マニアで惚れっぽい性格。

 

佐田由紀子(さだゆきこ)

演:映美くらら

佐田の妻で専業主婦。

美人だが肝の据わった性格で笑いながら怒る。

 

坂東健太(ばんどうけんた)

演:池田貴史

居酒屋「いとこんち」の店主で深山の従兄弟。

深山の過去を知る数少ない人物。

 

加奈子(かなこ)

演:岸井ゆきの

自称シンガーソングライター。

深山に片思いしている。

 

斑目春彦(まだらめはるひこ)

演:岸部一徳

班目法律事務所の所長。

飄々とした人物で洞察力に長けている。

 

川上憲一郎(かわかみけんいちろう)

演:笑福亭鶴瓶

東京地方裁判所の判事で所長も努める。

バランスの良い判決を出すことが信条。

事実にこだわる深山とは意見が合わない。

 

第3話のあらすじ

 

深山(松本潤)と明石(片桐仁)は、

馴染みの居酒屋の「いとこんち」で食事をしていました。

 

するとネットニュースにジャーナリスト殺人事件の情報が入り、

容疑者の名は伏字で「JC」となっています。

 

どうやら有名人のようなので気になっていると、

テレビの中に見慣れた顔がありました。

 

なんとそれは佐田(香川照之)でした。

 

彼の隣にはカリスマロック歌手のジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)がおり、

明石はファンなので「JC」は彼のことだと気づいたのです。

 

佐田はジョーカー茅ヶ崎の潔白を証明するため、

記者会見を開いていたのでした。

 

その頃。

 

舞子(木村文乃)は行きつけのうどん屋に行きますが、

偶然にもかつて裁判所でともに仕事をした人たちと鉢合わせします。

 

川上(笑福亭鶴瓶)は舞子を励ましますが、

わけあって裁判官をやめた彼女は複雑な表情でした。

 

佐田の奮闘もむなしく、

ジョーカー茅ヶ崎は殺人容疑で捕まってしまいました。

 

ジャーナリスト殺人事件の目撃者の敦子(安達祐実)が、

何者かに襲われて意識不明の重体になってしまったのですが、

その凶器にジョーカー茅ヶ崎の指紋があったからなのです。

 

深山は接見に出かけようとしますが、

佐田は彼を押しとどめて舞子と一緒に出かけます。

 

ジョーカー茅ヶ崎は佐田のシナリオ通り、

警察に対して正直に事情を話しましたが、

取調べのとき「動機を隠して嘘をついている」と言われてしまいました。

 

彼は1年ほど前に違法賭博をやっていたのですが、

佐田はそれを知っているのでした。

 

ジョーカー茅ヶ崎はこのことで被害者の安田に脅されていたのです。

 

佐田は敦子が襲われた事件が起こらなければ、

すべて無事に済むはずだったと言います。

 

そして自分が動くとまずいので、

舞子を事件の主任弁護士にするのでした。

 

そして深山と明石は舞子に協力して、

事件の再検証をはじめるのですが、

目撃者の敦子の証言に不可解な点が見つかるのでした。

 

第3話の感想

 

いや、嬉しいですね!

宇崎竜堂さんがゲストだなんて最高じゃないですか。

 

昭和41年生まれの私にとっては、

懐かしくて涙が出ちゃう方なんですよ。

 


港のヨーコヨコハマヨコスカ

 

www.utamap.com

 

この曲、最初に聴いたときは衝撃でした。

 

私は当時、小学校4年だったんですが、

『メロディのない歌があるんだ・・・』とビックリしましたよ。

 

クラスでも替え歌が流行ったり、すごくフィーバーしたんです。

だから大好きなドラマで取り上げられて、本当に感激です。

 

法廷シーンでイントロが流れたのと、

決め台詞の【あんた、あの娘のなんなのさ】を聞いて、

制作サイドの熱をすごく感じました。

 

それに香川照之さんのコスプレにも大爆笑しました。

 

f:id:skyhigh1466:20180129233154p:plain

 

弁護士であることを隠すために変装したんですが、

意外や意外、よく似合っていますよね。

 

でも、髪型が「ディープインパクト」な感じなので、

妙に受けてしまいました。

 

もちろん今回もいつもの小ネタとオヤジギャグは健在で、

事件モノの暗い雰囲気を上手に打ち消しています。

 

「ポケモンGO」ならぬ、

「ゲテモノGO」というゲームの紹介もありましたし・・・

 

しかも開発した会社は、

SEASONⅠで登場したオロゴンホビー社なんですから、

スタッフの遊び心が満載ですね。

 

声優の高木渉さんが、うどん屋の店主で出ていたのも良かったです。

 

深山が謎を解いたときにつぶやくギャグ

 

f:id:skyhigh1466:20180129225524p:plain

 

真犯人の村野はジョーカー茅ヶ崎のファンの振りをして、

写真立てのガラスにサインを書き込んでもらいました。

 

でもジョーカー茅ヶ崎を犯人にしたてるために、

婚約者である敦子の写真立てのガラスと入れ替えてしまったんです。

真実を知った敦子は本当にショックだったでしょうね・・・

 

それにしてもモアイはインパクトありすぎです。

 

印象に残ったフレーズ:佐田篤弘

 

f:id:skyhigh1466:20180111124709p:plain

 

無実の人間がこうやって逮捕されちゃったら、
真の悪は世の中に放たれたままになるだろう?

 

 

実は佐田よりも川上裁判長のほうに名言があったんですが、

深山が嫌う人物ですし、ラスボス感が半端ないので、

佐田が事務所のメンバーと話していた台詞をピックアップしました。

 

軽いノリで喋った言葉だったんですが、

みごとに核心をついていますよね。

 

前回の物語で取り上げられたように、

冤罪事件は多くの人を苦しめることになります。

 

そういった悲劇が二度と起こらないよう、

刑事専門ルームのヒーローたちには大活躍してほしいものです。

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう。