妄想は永遠の正義

ドラマ感想をメインに雑多なことを書き綴っています

【99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡドラマ感想】第1話

f:id:skyhigh1466:20180116180644j:plain

 

こんにちは。御園そら(@sky_high1466)です。
「99.9-刑事専門弁護士-」が1年9ヶ月ぶりに復活しました!
新メンバーも加わって、さらにパワーアップしたみたいですね。

 

★SEASONⅡの公式サイトはこちらです

 

www.tbs.co.jp

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

 

99.9-刑事専門弁護士-OPナレーション

 

日本の刑事裁判における有罪率は99.9%

いったん起訴されたらほぼ有罪が確定してしまう

このドラマは残りの0,1%に隠された事実にたどり着くために

難事件に挑む弁護士たちの物語である

 

登場人物紹介

 

深山大翔(みやまひろと)

演:松本潤(幼少期:森田愛蓮)

斑目法律事務所の風変わりな弁護士。

事実をとことん追求しないと気がすまない。

考えを整理するときは必ず料理をする。

 

佐田篤弘(さだあつひろ)

演 :香川照之

刑事専門ルームの室長。

依頼人の利益を優先するため深山とはよくぶつかる。

無類の競馬好きで恐妻家。

 

尾崎舞子(おざきまいこ)

演:木村文乃

元裁判官。

大学法学部在学中に司法試験に合格したエリート。

事情があっていったんは司法から離れるものの、

佐田の頼みで弁護士活動をする。

 

明石達也(あかしたつや) 

演:片桐仁

深山とはくされ縁のパラリーガル。

20年間にわたって司法試験にチャレンジするが全敗中。

 

藤野宏樹(ふじのひろき)

演:マギー

立花をサポートするパラリーガル。

双子の娘を持つ温和な男性。

 

中塚美麗(なかつかみれい)

演:馬場園梓

戸川が寿退社したため代わりに入ったパラリーガル。

ふくよかで女性でプロレスおたく。

 

落合陽平(おちあいようへい)

演:馬場徹

企業法務を担当するがたまに刑事事件に首を突っ込む。

資格マニアで惚れっぽい性格。

 

佐田由紀子(さだゆきこ)

演:映美くらら

佐田の妻で専業主婦。

美人だが肝の据わった性格で笑いながら怒る。

 

坂東健太(ばんどうけんた)

演:池田貴史

居酒屋「いとこんち」の店主で深山の従兄弟。

深山の過去を知る数少ない人物。

 

加奈子(かなこ)

演:岸井ゆきの

自称シンガーソングライター。

深山に片思いしている。

 

斑目春彦(まだらめはるひこ)

演:岸部一徳

班目法律事務所の所長。

飄々とした人物で洞察力に長けている。

 

川上憲一郎(かわかみけんいちろう)

演:笑福亭鶴瓶

東京地方裁判所の判事で所長も努める。

バランスの良い判決を出すことが信条。

事実にこだわる深山とは意見が合わない。

 

第1話のあらすじ

 

2017年の夏ー

 

変わり者の弁護士の深山(松本潤)は、

勤務先である斑目法律事務所に出勤してきました。

 

職場はかつてと大きく様変わりしています。

 

刑事専門ルームの室長であった佐田(香川照之)は企業法務担当に戻り、

立花(榮倉奈々)は海外留学へと旅立ていたのです。

 

さらに有能なパラリーガルの戸川(渡辺真起子)は、

佐田のライバルの志賀(藤本隆宏)と結婚して寿退社していました。

 

後任に新しい弁護士が入っていたのですが、

深山の利益を重視しない姿勢と破天荒な振る舞いに嫌気が差し、

次々とやめてしまうのでした。

 

そんな状況を見た所長の斑目(岸部一徳)は、

佐田に刑事専門ルームに戻るよう指示します。

 

企業法務にやりがいを見出していた佐田は困惑するものの、

事件の依頼人がやってきたので、引き受けるしかありませんでした。

 

依頼人は加代(谷村美月)という女性で、

付き添いに元裁判官の尾崎舞子(木村文乃)がいました。

 

2人は学生時代からの友人で、

加代の父親の鈴木二郎(半海一晃)は殺人容疑で起訴されていたのです。

 

舞子は目撃情報・凶器・動機が揃っていると言いますが、

鈴木は一貫して容疑を否認していました。

 

彼は被害者の金融業者から1000万の借金をしており、

事件当日は返済日でした。

そのため昼間のうちに売掛金の500万を回収し、

それを被害者に返す予定だったのです。

 

会社に戻ったのは19時30分ごろだったので、

鈴木は被害者に会うまで仮眠を取ろうと考えました。

 

19時45分ごろに会社のソファーで寝て、21時過ぎに起きたのです。

そのとき社員の阿部(長塚圭史)が、

「材料の発注を忘れた」と言って会社に戻ってきました。

彼は取引先に電話をかけました。

 

21時過ぎに会社を出て、被害者のいるビルに到着しましたが、

中に明かりはついていたのに、インターホンで呼び出しても、

電話をかけても応答はありませんでした。

 

ドアには鍵もかかっていたのです。

 

状況を聞いた深山は舞子にも協力を頼んで事件の再現をします。

 

さらに阿部が取引先にかけた電話の通話記録に、

妙なノイズがあるのがわかり、

深山はそれが事実を見つける鍵になると確信するのでした。

 

第1話の感想

 

このドラマが放送されたのは2018年の1月なんですが、

事件の舞台はなぜか、去年の夏なんですね。

 

このSEASONⅡの放送が本当ならその時期だったのか、

それともドラマの展開上のことなのかは不明です。

 

でも、内容は前評判を裏切らなかったです!

 

相変わらずのテンポの良さと、

真犯人が明らかになって被告人が助かるところは、

見ていて本当にスカッとしましたね。

 

立花がいなくなったのは寂しいですが、

舞子はなかなか良いキャラですね。

 

【私1年前に裁判官やめたんですけど、

数年前から厄介な弁護士がいるって、

裁判官の中でうわさになってたんですよ。

被告人からこと細かく話を聞いて、

あることないこといちゃもんつけて。

裁判を混乱させるんです。

多くの案件を扱っている裁判官にとって、

そういう弁護士って迷惑なんですよね。

どうも個人事務所をやっているみたいなんですけど、

フカヤマっていう弁護士みたいなんですけど、ご存知ですか?】

 

深山と鈴木さんのところへ接見に行く途中、

思わずこんなことを言うんですが、

「フカヤマ」というのは他ならぬ深山のことなんですよね。

 

立花と違って、天然系の弁護士なんでしょうか。

また被害者(金融業者)の横柄な態度を演じたのも面白かったです。

 

真犯人は阿部だと早くから気づきましたが、

まさか伊藤(新妻聖子)が彼女でアリバイ作りの共犯とは思いませんでした。

 

美人さんなのに、人を見る目がなかったのは残念です。

 

でも、潔白を主張していた鈴木さんが助かって本当に良かったです。

ずっとお父さんを心配していた娘さんもこれで安心ですね。

 

舞子は立花よりも気が強そうなので、佐田は「暴れ馬」といってました。

 

今後、深山とは丁々発止のやりとりが見られるんでしょうが、

彼女にも親しい人物が逮捕されたトラウマがあるようです。

 

いずれ舞子は、深山の頼もしい同志になるのかも知れません。

 

深山が謎を解いたときにつぶやくギャグ

 

f:id:skyhigh1466:20180116184019p:plain

 

真犯人の阿部は、

彼女である伊藤を使って写真のトリックを考えたんですが、

近くで動画を撮っている人物がいたのが命取りでしたね。

 

深山はその動画に噴水が映っていたので、

阿部が会社からではなく、

外で取引先に電話をかけたことを知りました。

 

印象に残ったフレーズ:深山大翔

 

f:id:skyhigh1466:20171201200449j:plain

 

全てを知ってるわけじゃないのに人生を説くなんて、
なんて無責任なんですかね。

 

 

これは川上裁判長(笑福亭鶴瓶)が、

薬物使用で起訴された元アイドルに判決を下した際に述べた、

「訓戒」に対して言った言葉です。

 

ちなみに川上裁判長の「訓戒」はこのようなものでした。

 

生まれ変わってもあなたの笑顔に会いに行きたい。

これはあなたが書いた詩です。

あなたも今回生まれ変わって、

笑顔になれるようにしてくださいね。

 

深山の言うとおり、

裁判官が被告人の人生全てを知っているわけじゃありません。

ですから、この言葉がどんなにキレイでも、

軽いものとして捉えられてしまうのではないでしょうか。

 

父親を冤罪事件を亡くしている深山にとっては、

裁判官にそんな言葉を投げかけてほしくなかったんだと思います。

 

次回はいよいよ26年前の真相がわかりますよ。

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう。