妄想は永遠の正義

ドラマやアニメの感想記事をメインに、雑多なことを書き綴っています。

【99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅠドラマ感想】第9話

f:id:skyhigh1466:20171201135043p:plain

 

こんにちは。御園そら(@sky_high1466)です。
1月14日から「99.9-刑事専門弁護士ー」の続編がはじまるので、
今週は2016年に放送されたSEASONⅠの感想を書きます。
古いドラマですが、しばしお付き合いくださいね。

 

★SEASONⅡの公式サイトはこちらです

 

www.tbs.co.jp

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

 

前回の感想

 

www.soralogue.com

 

登場人物紹介

 

深山大翔(みやまひろと)

演:松本潤(幼少期:森田愛蓮)

お金にならない事件ばかり引き受ける貧乏弁護士。

才能を買われて大手の斑目法律事務所にスカウトされた。

考えを整理するときは必ず料理をする。

 

佐田篤弘(さだあつひろ)

演 :香川照之

元は東京地方検察庁の検事。

裁判に勝つことにとてもこだわる。

無類の競馬好きで恐妻家。

 

立花彩乃(たちばなあやの)

演:榮倉奈々

東大法学部出身のエリート弁護士。

民事事件を扱っていたが斑目の指示で深山につく。

プロレスおたくという意外な一面を持つ。

 

明石達也(あかしたつや) 

演:片桐仁

深山とはくされ縁のパラリーガル。

20年間にわたって司法試験にチャレンジするが全敗中。

 

藤野宏樹(ふじのひろき)

演:マギー

立花をサポートするパラリーガル。

双子の娘を持つ温和な男性。

 

戸川奈津子(とがわなつこ)

演:渡辺真起子

佐田をサポートするパラリーガル。

ドライな女性で実務能力はピカイチ。

 

志賀誠(しがまこと)

演:藤本隆宏

主に企業法務を担当する弁護士。

佐田に仕事を持っていかれたため対立する。

 

落合陽平(おちあいようへい)

演:馬場徹

志賀と同じく企業法務を担当する。

プラモデル検定2級などの資格を持つ。

 

丸川貴久(まるかわたかひさ)

演:青木崇高

東京地方検察庁の検察官。

深山とは法廷でしばしば戦うことに。

 

佐田由紀子(さだゆきこ)

演:映美くらら

佐田の妻で専業主婦。

美人だが肝の据わった性格で笑いながら怒る。

 

坂東健太(ばんどうけんた)

演:池田貴史

居酒屋「いとこんち」の店主で深山の従兄弟。

深山の過去を知る数少ない人物。

 

斑目春彦(まだらめはるひこ)

演:岸部一徳

班目法律事務所の所長。

飄々とした人物で洞察力に長けている。

 

大友修一(おおともしゅういち)

演:奥田瑛二

東京地方検察庁検事正。

高等検察庁の検事長になろうと野心を持つ。

 

第9話のあらすじ

 

検察官の丸川(青木崇高)は、

検事正の大友(奥田瑛二)に謝罪していました。

 

弁護士の深山(松本潤)を誤認逮捕して起訴してしまったからです。

 

先日も検察のずさんな捜査が明るみになって、

18年前に起きた冤罪事件の再審請求が通ったばかりでした。

 

検事長の十条(中丸新将)はそのことによって失脚していたのです。

大友は最高検と法務省も怒っていると丸川に言いました。

 

斑目法律事務所では佐田(香川照之)が、

娘の交友関係のことで仲間たちに愚痴をこぼしていました。

 

そこへ所長の斑目本人(岸部一徳)から電話があり、

山城鉄道の会長が殺害されたから、被疑者を弁護してほしいと言われました。

 

深山・佐田・立花の3人は山城宅へ赴きますが、

そこは想像を絶する大豪邸で、一族は全員で7人もいたのです。

 

山城会長は6年前に脳梗塞で倒れ、右半身が不自由になっていました。

 

彼の介護は三男の嫁である皐月(国仲涼子)が、

たったひとりで行っていましたが、

会長にことあるごとに辛く当たられていたのです。

 

事件当日もせっかく用意した料理をひっくり返されたので、

皐月はついにたまっていたストレスが爆発して、

会長の机の引き出しにあった「朱色のネクタイ」で犯行に及びました。

 

皐月は素直に自首してきたので、

佐田は「情状酌量による執行猶予つき判決を目指す」と言いましたが、

深山は凶器のネクタイからワインの匂いがしたことと、

色に妙な違和感を覚えます。

 

そして山城一族全員に協力してもらって、事件の再検証を行うのですが、

深山は彼らが何かを隠していることに気づくのでした。

 

第9話の感想

 

前回の感想で「金田一少年の事件簿」に似ていると書きましたが、

今回はさらにグレードアップしましたね。

 

資産家の豪邸で起きた殺人事件というシュチュエーションと、

 『謎はすべて解けた』とか『犯人はこの中にいます』という台詞なんて、

「金田一少年の事件簿」のファンにはツボな設定ですよ。

 

会長と親子の確執があった長男が、真犯人というのは驚きませんでしたが、

皐月の「本当の狙い」には衝撃を受けましたね。

 

彼女の目的は山城会長の遺した財産を得ることでした。

 

皐月は自分が長男の罪をかぶり、

さらに一族の面々に犯人隠匿をさせることによって、

遺産の相続権を失わせたのです。

 

皐月本人は三男の嫁なので相続権はないんですが、

彼女のお腹には赤ちゃんがいました。

 

実は民法の886条には「代襲相続」という規定があって、

皐月はそれを利用して遺産を得ることを考えたんですよ。

 

民法第886条 - Wikibooks

 

kotobank.jp

 

彼女にしてみれば義理の父親の介護をひとりで行い、

さらに一族からは冷たくあしらわれていたので、

いつか仕返しをしたいと思っていたんでしょうね。

 

そのチャンスが長男が父親を殺害するという、

思わぬ形で回ってきました。

 

深山たちはまさかの敗北を喫することになりましたが、

皐月のお腹の子は無事に生まれるかわかりませんし、

もしかしたら妊娠そのものが嘘かも知れません。

 

そうなれば、彼女は莫大な遺産を手にすることは不可能になります。

 

「事実は小説よりも奇なり」とはよく言いますが、

まさにそれを感じさせる事件でした。

 

深山が謎を解いたときにつぶやくギャグ

 

僕の常識は君の非常識

君の常識は僕の非常識

 

これはギャグではないんですが、

深山の行動パターンを端的に表した言葉ですね。

彼の破天荒なひらめきがあるからこそ、

数々の難事件は解決してきたんだと思います。

 

印象に残ったフレーズ:大友修一と斑目春彦

 

f:id:skyhigh1466:20180114124146p:plain

 

実際の国民の感情はひとりの無辜(むこ)を罰しても、
10人の凶悪犯を野に放つことなかれだろう?
われわれは国民の正義感を正しく掴み、
謙虚な姿勢で努力し続けている。

 

f:id:skyhigh1466:20171217021338p:plain

 

正義感じゃない、信念だよ。冤罪をなくしたいというね。

 

 

弁護士が主人公のドラマなので、

検察が敵側になるのは致し方ないんですが、

どちらの言い分もよくわかるので難しいですね。

 

でも、深山の父親のように、

無実の人が罪に問われるのはおかしいです。

 

正義というものに明確な答えはありませんし、

またひとつだけということもありませんが、

検察側にも公正に判断できる人がいてほしいものです。

 

公的権力や自己の保身で事実を捻じ曲げることだけは、

絶対にしないでほしいですね。

 

こちらもおすすめです

 

www.soralogue.com

 

★このドラマは2016年6月12日に放送されたものです

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう。