妄想は永遠の正義

ドラマやアニメの感想記事をメインに、雑多なことを書き綴っています。

【99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅠドラマ感想】第7話

f:id:skyhigh1466:20171201135043p:plain

 

こんにちは。御園そら(@sky_high1466)です。
1月14日から「99.9-刑事専門弁護士ー」の続編がはじまるので、
今週は2016年に放送されたSEASONⅠの感想を書きます。
古いドラマですが、しばしお付き合いくださいね。

 

★SEASONⅡの公式サイトはこちらです

 

www.tbs.co.jp

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

 

前回の感想

 

www.soralogue.com

 

登場人物紹介

 

深山大翔(みやまひろと)

演:松本潤(幼少期:森田愛蓮)

お金にならない事件ばかり引き受ける貧乏弁護士。

才能を買われて大手の斑目法律事務所にスカウトされた。

考えを整理するときは必ず料理をする。

 

佐田篤弘(さだあつひろ)

演 :香川照之

元は東京地方検察庁の検事。

裁判に勝つことにとてもこだわる。

無類の競馬好きで恐妻家。

 

立花彩乃(たちばなあやの)

演:榮倉奈々

東大法学部出身のエリート弁護士。

民事事件を扱っていたが斑目の指示で深山につく。

プロレスおたくという意外な一面を持つ。

 

明石達也(あかしたつや) 

演:片桐仁

深山とはくされ縁のパラリーガル。

20年間にわたって司法試験にチャレンジするが全敗中。

 

藤野宏樹(ふじのひろき)

演:マギー

立花をサポートするパラリーガル。

双子の娘を持つ温和な男性。

 

戸川奈津子(とがわなつこ)

演:渡辺真起子

佐田をサポートするパラリーガル。

ドライな女性で実務能力はピカイチ。

 

志賀誠(しがまこと)

演:藤本隆宏

主に企業法務を担当する弁護士。

佐田に仕事を持っていかれたため対立する。

 

落合陽平(おちあいようへい)

演:馬場徹

志賀と同じく企業法務を担当する。

プラモデル検定2級などの資格を持つ。

 

丸川貴久(まるかわたかひさ)

演:青木崇高

東京地方検察庁の検察官。

深山とは法廷でしばしば戦うことに。

 

佐田由紀子(さだゆきこ)

演:映美くらら

佐田の妻で専業主婦。

美人だが肝の据わった性格で笑いながら怒る。

 

坂東健太(ばんどうけんた)

演:池田貴史

居酒屋「いとこんち」の店主で深山の従兄弟。

深山の過去を知る数少ない人物。

 

斑目春彦(まだらめはるひこ)

演:岸部一徳

班目法律事務所の所長。

飄々とした人物で洞察力に長けている。

 

大友修一(おおともしゅういち)

演:奥田瑛二

東京地方検察庁検事正。

高等検察庁の検事長になろうと野心を持つ。

 

第7話のあらすじ

 

大手ゲームメーカー・オロゴンホビーの社長・河村幸一(大和田伸也)が、

息子の英樹(高島政伸)と口論になって殺害されました。

 

英樹はオロゴンホビー社の副社長でしたが、

会社の資金を不正に使い込んでいて、父に役員会でばらすと脅されていたのです。

 

父を殺害した英樹は、

「犯人が外部から侵入した」かのように偽装工作をしたのですが、

そのせいで、専務の西岡徹(嶋田久作)が逮捕されてしまいました。

 

事件当日、西岡には自宅にいたという確かなアリバイがあったのですが、

その証言をしたのが娘だったため、信用できないといわれてしまったのです。

 

深山(松本潤)は事件の現場に行って再検証をはじめますが、

割れたガラスの破片を見て、妙な違和感を覚えます。

 

さらに深山は被害者宅の玄関にあったスリッパを履いたんですが、

「普通におしゃれで気に入った」と言って、持ち帰りました。

 

凶器に使われた花瓶は、

オロゴンホビー社の創立40周年の記念品でした。

 

深山はその破片が細かいことがおかしいと思い、

明石(片桐仁)や落合(馬場徹)に協力を頼んで、

破片について詳しく調べてゆきました。

 

なんと紙で花瓶を復元したのですが、

ひとつだけピースとして合わない破片が見つかりました。

 

しかし真犯人の英樹は、

法廷の場でもシラを切り続けていたのです。

 

第7話の感想

 

今回は深山の変人振りがすごかったですね。

 

もともと彼の「事実探求」に対するこだわりは強いんですが、

まさか花瓶の水を飲んでしまうとは思いませんでした。

 

いわゆる『よい子は絶対真似をしないでね』というやつです。

 

真犯人が殺人をしてからトリックを暴いてゆくというのは、

「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」と同じでした。

 

花瓶の底にあったシリアルナンバーが事件解決の決め手になりましたが、

意外と単純な数字なので驚きました。

 

まあ、でも普通は花瓶の底なんて見たりしませんから、

さすがの真犯人も見落としてしまったんですね。

 

動機に関してはサスペンスモノではよくあるネタなんですが、

不正をばらされそうになったから父親を殺害するなんて、

とんでもないドラ息子です。

 

おそらく彼が会社を継いでいたら、

経営はおかしくなってしまったでしょうから、

いなくなったのは正解ですね。

 

西岡さんは社長と経営方針で対立していたそうですが、

社長と重役は会社を思うがあまりぶつかることが多いんですね。

 

でも、良い企業というのはそういうものだと思いますよ。

 

いつもは脇で控えめだった志賀(藤本隆宏)と、

落合(馬場徹)が活躍したのは嬉しかったです。

 

久々の法廷シーンも最高でした。

 

深山が謎を解いたときにつぶやくギャグ

 

痛っ、知覚過敏。近く花瓶

Do You Know Me?

 

深山は真犯人のトリックを看破するために、

オロゴンホビー社に行って花瓶を調べます。

 

そこで同行した佐田(香川照之)と立花(榮倉奈々)に、

熱々のお茶を飲ませてしまいました。

 

花瓶の底を見るために水を抜く必要があったんですが、

あれは飲んでも大丈夫だったのか気になりますね。

 

ちなみに深山が花瓶の底のことに気づいたのは、

いとこんちの店主が花に炭酸水をあげているときでした。

切り花は炭酸水をあげると長持ちするそうです。

 

印象に残ったフレーズ:斑目春彦

 

f:id:skyhigh1466:20171217021338p:plain

 


いま手にしているものがなくなっても
未来だけは残るんだよ

 

 

これは斑目所長が、

オロゴンホビー社と顧問契約を結んでいる志賀に言った台詞ですが、

クライアントに不祥事があると事務所も大変になるからです。

 

真犯人は自分のライバルである西岡を追い落としたくて、

罪を着せようと企んでいました。

 

しかし深山たちの活躍で真犯人は御用となりました。

志賀も会社資料を提供したりして協力しましたよね。

 

人生は失って得ることの繰り返しですが、

「もうダメだ」と諦めなければ、未来へとつながる道があると思います。

 

斑目所長のこの言葉は、

嵐が歌う主題歌にも通じているんじゃないでしょうか。

 

とても素敵な名言です。

 

次の事件は・・・

 

www.soralogue.com

 

こちらもおすすめです

 

www.soralogue.com

 

★このドラマは2016年5月29日に放送されたものです

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう。