妄想は永遠の正義

ドラマやアニメの感想記事をメインに、雑多なことを書き綴っています。

【99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅠドラマ感想】第6話

f:id:skyhigh1466:20171201135043p:plain

 

こんにちは。御園そら(@sky_high1466)です。
1月14日から「99.9-刑事専門弁護士ー」の続編がはじまるので、
今週は2016年に放送されたSEASONⅠの感想を書きます。
古いドラマですが、しばしお付き合いくださいね。

 

★SEASONⅡの公式サイトはこちらです

 

www.tbs.co.jp

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

 

前回の感想

 

www.soralogue.com

 

登場人物紹介

 

深山大翔(みやまひろと)

演:松本潤(幼少期:森田愛蓮)

お金にならない事件ばかり引き受ける貧乏弁護士。

才能を買われて大手の斑目法律事務所にスカウトされた。

考えを整理するときは必ず料理をする。

 

佐田篤弘(さだあつひろ)

演 :香川照之

元は東京地方検察庁の検事。

裁判に勝つことにとてもこだわる。

無類の競馬好きで恐妻家。

 

立花彩乃(たちばなあやの)

演:榮倉奈々

東大法学部出身のエリート弁護士。

民事事件を扱っていたが斑目の指示で深山につく。

プロレスおたくという意外な一面を持つ。

 

明石達也(あかしたつや) 

演:片桐仁

深山とはくされ縁のパラリーガル。

20年間にわたって司法試験にチャレンジするが全敗中。

 

藤野宏樹(ふじのひろき)

演:マギー

立花をサポートするパラリーガル。

双子の娘を持つ温和な男性。

 

戸川奈津子(とがわなつこ)

演:渡辺真起子

佐田をサポートするパラリーガル。

ドライな女性で実務能力はピカイチ。

 

志賀誠(しがまこと)

演:藤本隆宏

主に企業法務を担当する弁護士。

佐田に仕事を持っていかれたため対立する。

 

落合陽平(おちあいようへい)

演:馬場徹

志賀と同じく企業法務を担当する。

プラモデル検定2級などの資格を持つ。

 

丸川貴久(まるかわたかひさ)

演:青木崇高

東京地方検察庁の検察官。

深山とは法廷でしばしば戦うことに。

 

佐田由紀子(さだゆきこ)

演:映美くらら

佐田の妻で専業主婦。

美人だが肝の据わった性格で笑いながら怒る。

 

坂東健太(ばんどうけんた)

演:池田貴史

居酒屋「いとこんち」の店主で深山の従兄弟。

深山の過去を知る数少ない人物。

 

斑目春彦(まだらめはるひこ)

演:岸部一徳

班目法律事務所の所長。

飄々とした人物で洞察力に長けている。

 

大友修一(おおともしゅういち)

演:奥田瑛二

東京地方検察庁検事正。

高等検察庁の検事長になろうと野心を持つ。

 

第6話のあらすじ

 

深山(松本潤)たちは依頼人・谷繁(千葉雄大)の父親である、

「朱蓮フーズ」社長の転落死について調べていました。

 

その中で「理白冷蔵」社長の三枝(平田満)が、

会社への融資を断られたことを恨み、

自殺に見せかけて谷繁社長を殺害したことがわかりましたが、

三枝はある殺人事件の目撃者という確かなアリバイがあったのです。

 

実は谷繁社長が転落死した1998年10月23日は、

杉並で資産家の令嬢が殺害されるという事件も起きており、

三枝はその犯人が「バイクに乗って逃走するのを見た」と証言していました。

 

当時、検事だった佐田(香川照之)は三枝を取り調べているときに、

詳細に目撃情報を言うのでおかしいと思っていたんですが、

主任検事の十条(中丸新将)は三枝の証言を採用してしまったのです。

 

それは殺害された令嬢の父親が経済界の重鎮であったため、

事件を早く解決しなければおおごとになるという、

上層部からの圧力があったからでした。

 

深山は18年前の現場に出かけ、立花は当時のニュース映像を入手するなど、

事件の真相を突き止めたい彼らは必死で駆け回りました。

 

何故なら杉並の資産家令嬢殺害事件で起訴された男性は、

潔白を訴えたまま獄中で亡くなってしまい、

母親が息子の無実を証明するため再審請求を出していたからでした。

 

すると・・・

 

三枝は「犯人は南星橋をバイクで渡って逃走した」と言っていたんですが、

その橋は工事中で通行止めということがわかりました。

 

これで三枝のアリバイが崩せるかと思いきや、

検察は「犯人は北星橋を渡った。私の思い違いだった」と三枝に証言させ、

捜査は振り出しに戻ってしまったのです。

 

しかし深山は杉並の事件の真犯人をみつければ、

三枝が嘘をついていることがわかると言って、

当時の関係者から話を聞くことにしました。

 

やがて被害者の令嬢が、ある男にストーカーされていることがわかり、

深山は怪我している明石(片桐仁)に協力を頼んで、

真犯人がバイクで逃走した場面を再検証するのでした。

 

第6話の感想

 

非常に複雑で難解な事件でしたが、

思わぬところから真相がわかりましたね。

 

谷繁社長を殺害した三枝も卑劣な男ですが、

友達の彼女にストーカーしていた杉並事件の真犯人は、

自分の弱さゆえに破滅してしまった愚かな男です。

 

本当に彼女のことが好きなら、

なぜ友達との恋愛を応援することができなかったのでしょうか。

 

確かに自分の好きな人が、

別の誰かと付き合っているのはすごく辛いです。

 

でも、自分のいうことをきかなかったからといって、

その命を奪ってしまう権利は誰にもありません。

 

もし、深山たちが事件の再検証をして事実を突き止めなければ、

おそらく杉並事件の真犯人は何食わぬ顔で普通に生活していたでしょう。

 

またダークサイドに堕ちた検察も怖かったです。

 

自分たちの保身のためならなんでもするというのは、

国民の利益に背くことなんですけどね。

 

でも、上層部は嫌な感じでしたが、

丸川(青木崇高)は必死で事実を探そうとがんばっていました。

 

彼は深山たちとはライバルになるんですが、

根っこは同じものを持っているのかも知れません。

 

深山が謎を解いたときにつぶやくギャグ

 

身長を測るときは、慎重にね!

 

深山は居酒屋の「いとこんち」にやってきた斑目(岸部一徳)の身長を見て、

冤罪で起訴された男性と真犯人の身長の差に気づきました。

今回のオヤジギャグは明快でわかりやすかったです。

 

印象に残ったフレーズ:佐田篤弘

 

f:id:skyhigh1466:20180111124709p:plain

 

板橋さん、そのまま聞いてください。
あなたにもいらっしゃるように、私にも家族がいます。
それはかけがえのないものです。
関わった人間として責任を感じてる。
検察官として真犯人を見抜けなかった。
もっと向き合って早く気づいていれば、
あなたにこんな苦しい選択をさせることはなかったでしょう。
謝ります。申し訳ない。でもね、罪は罪だ。
嘘が本当になることはない。
一度ついた嘘は必ず自分につきまといます。
必ず自分に帰ってきます。
板橋さん、あなた・・・
あの奥さんとお子さんの前で、心から笑ったことがありましたか?
あなたのついたたったひとつの嘘が、事実を捻じ曲げて、
この事件に関わったすべての人の人生を狂わせました。
私たちが警察に行く前に自首をしてください。
ご自身の罪をご自身で償ってください。お願いします。

 

 

佐田が検察側の人間で三枝から証言を聞いていたので、

彼もダークサイドに堕ちていたのかと思っていました。

 

でも、ぜんぜん違いましたね。

 

深山とはぶつかることも多いんですが、

佐田は佐田なりに依頼人や冤罪で苦しむ人を救おうと考えています。

 

私は法曹界の人間じゃないのでわかりませんが、

検察は一定のシナリオを作って裁判を進めるらしく、

それが解決するはずの事件をおかしくしてしまうようです。

 

杉並事件の真犯人は自首しましたが、

彼の奥さんや子供の今後を考えると胸が痛くなりました。

 

香川照之さんというと「顔芸」がとても有名ですが、

今回のような真面目な役柄も素敵ですね。

 

次の事件は・・・

 

www.soralogue.com

 

こちらもおすすめです

 

www.soralogue.com

 

★このドラマは2016年5月22日に放送されたものです

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう。