妄想は永遠の正義

ドラマやアニメの感想記事をメインに、雑多なことを書き綴っています。

【99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅠドラマ感想】第5話

f:id:skyhigh1466:20171201135043p:plain

 

こんにちは。御園そら(@sky_high1466)です。
1月14日から「99.9-刑事専門弁護士ー」の続編がはじまるので、
今週は2016年に放送されたSEASONⅠの感想を書きます。
古いドラマですが、しばしお付き合いくださいね。

 

★SEASONⅡの公式サイトはこちらです

 

www.tbs.co.jp

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

 

前回の感想

 

www.soralogue.com

 

登場人物紹介

 

深山大翔(みやまひろと)

演:松本潤(幼少期:森田愛蓮)

お金にならない事件ばかり引き受ける貧乏弁護士。

才能を買われて大手の斑目法律事務所にスカウトされた。

考えを整理するときは必ず料理をする。

 

佐田篤弘(さだあつひろ)

演 :香川照之

元は東京地方検察庁の検事。

裁判に勝つことにとてもこだわる。

無類の競馬好きで恐妻家。

 

立花彩乃(たちばなあやの)

演:榮倉奈々

東大法学部出身のエリート弁護士。

民事事件を扱っていたが斑目の指示で深山につく。

プロレスおたくという意外な一面を持つ。

 

明石達也(あかしたつや) 

演:片桐仁

深山とはくされ縁のパラリーガル。

20年間にわたって司法試験にチャレンジするが全敗中。

 

藤野宏樹(ふじのひろき)

演:マギー

立花をサポートするパラリーガル。

双子の娘を持つ温和な男性。

 

戸川奈津子(とがわなつこ)

演:渡辺真起子

佐田をサポートするパラリーガル。

ドライな女性で実務能力はピカイチ。

 

志賀誠(しがまこと)

演:藤本隆宏

主に企業法務を担当する弁護士。

佐田に仕事を持っていかれたため対立する。

 

落合陽平(おちあいようへい)

演:馬場徹

志賀と同じく企業法務を担当する。

プラモデル検定2級などの資格を持つ。

 

丸川貴久(まるかわたかひさ)

演:青木崇高

東京地方検察庁の検察官。

深山とは法廷でしばしば戦うことに。

 

佐田由紀子(さだゆきこ)

演:映美くらら

佐田の妻で専業主婦。

美人だが肝の据わった性格で笑いながら怒る。

 

坂東健太(ばんどうけんた)

演:池田貴史

居酒屋「いとこんち」の店主で深山の従兄弟。

深山の過去を知る数少ない人物。

 

斑目春彦(まだらめはるひこ)

演:岸部一徳

班目法律事務所の所長。

飄々とした人物で洞察力に長けている。

 

大友修一(おおともしゅういち)

演:奥田瑛二

東京地方検察庁検事正。

高等検察庁の検事長になろうと野心を持つ。

 

第5話のあらすじ

 

斑目法律事務所パラリーガルの明石(片桐仁)は、

司法試験にチャレンジするものの、またもや不合格になりました。

 

佐田(香川照之)は空港に留学中の娘を迎えに行きますが、

彼女にボーイフレンドがいると知って驚きました。

 

立花(榮倉奈々)は大好きなプロレスラーのイベントに参加して、

テンションが最高潮になっていました。

 

そんななか。

 

深山(松本潤)としばしば法廷で戦っている検事の丸川(青木崇高)が、

検事正の大友(奥田瑛二)に呼び出されます。

 

丸川が案件を不起訴にばかりしていたからでした。

 

大友は容疑者を自白させることが大事で、

不起訴など絶対にやってはいけないことだと、

丸川にプレッシャーをかけました。

 

大友がそんなことを言った背景には、

18年前の事件に再審請求が持ち上がっていたからなのです。

 

東京高等検察庁の検事長・十条(中丸新将)にとっても、

あってはならないことだったんです。

 

ある夜のことでした。

 

谷繁直樹(千葉雄大)という青年が、

三枝(平田満)という男と喧嘩騒ぎを起こしました。

 

谷繁は三枝に向かって、

『お前が殺したんだろう!』と罵倒していましたが、

現場で激しく転んで脳内出血をしてしまいます。

 

傷害事件の容疑者が意識不明という、

まさかの事態になったのですが、

佐田は家族と旅行に出かけることになってしまい、

深山と立花をサポートすることはできませんでした。

 

しかし2人は事件の再検証を始め、

被害者の三枝に不審な点があることに気づきます。

 

三枝は「理白冷蔵」という会社を経営していましたが、

18年前は資金繰りに行き詰まっていたんです。

 

そこで取引先だった「朱蓮フーズ」に出資を頼んだのですが、

「朱蓮フーズ」の社長は三枝の申し出を断りました。

 

この「朱蓮フーズ」の社長こそ、容疑者・谷繁の父親でした。

さらに彼は18年前に会社の屋上から「飛び降り自殺」を遂げていました。

 

しかし谷繁は母親から「父が何者かに殺されたかも知れない」と聞いて、

三枝に復讐しようと機会をうかがっていたのでした。

 

実は谷繁の父親が死んだのは「自殺」などではなく、

屋上に残されていた物などから「他殺」の可能性がありました。

 

しかも谷繁の父親は死ぬ直前に三枝と会っていたのです。

 

当時、事件を調べていた刑事も、

三枝のことを間違いなく「クロ」だと思っていましたが、

思わぬところから圧力がかかって、

「他殺」ではなく「自殺」で処理されてしまったといいます。

 

その背景には18年前に杉並で起きた資産家令嬢殺人事件が絡んでいて、

三枝はどうやら、そのことを知っているようなのです。

 

そして・・・

 

資産家令嬢殺人事件を担当した検事が佐田だとわかり、

深山と立花は旅行に出かけようとした彼を呼び止めるのでした。

 

第5話の感想

 

いつもは「1話完結」ですっきりと事件が解決するんですが、

今回は2つの事件が絡んでいますし、検察の裏の部分も見え隠れするので、

「前編」「後編」という構成になったんですね。

 

千葉雄大さんが傷害事件を起こした被告人役でしたが、

大怪我をして意識不明になってしまうので、

台詞がほとんどなかったのが残念です。

 

三枝社長はいい人かと思いきや、完全に「クロ」でした。

 

資金繰りに行き詰まって人を殺めてしまうなんて、

本当に言語道断で許せません。

 

ちなみに【私の大好きな池井戸作品】の主人公たちは、

みんな資金難と果敢に戦って活路を開いています。

 

  1. ルーズヴェルト・ゲーム(細川充)
  2. 下町ロケット(佃航平)
  3. 陸王(宮沢紘一)

 

「朱蓮フーズ」さんに断られたとしても、

他に銀行からの融資や、支援してくる投資家がいるかも知れないじゃないですか。

 

しかも三枝社長はその後、

大手の製粉会社の傘下に入ったんですから、

被害者の谷繁社長が亡くなる必要はなかったんですよ。

 

息子さんの傷害事件は容認できませんが、

お父さんを殺されてしまった怒りは痛いほどわかります。

 

三枝社長には次の第6話で、

しっかりと裁きを受けてほしいものです。

 

でも、気になるのは佐田ですよね。

 

彼は深山たちの上司なので悪いことをしているとは思えませんが、

何か重大なことを隠しているかも知れません。

 

深山が謎を解いたときにつぶやくギャグ

 

そんな、あだ名は・・・いや、あっだなぁ

 

深山は谷繁社長が手帳に残した、

「PM10-バー山本 12」というキーワードがわかりませんでした。

でも、居酒屋の「いとこんち」で料理をしているときに、

お客のひとりが「武田満という名前だからブタマンだ」と言ってるのを聞いて、

「12」が三枝(3×4=12)であることに気づきました。

 

印象に残ったフレーズ:丸川検察官の上司

 

f:id:skyhigh1466:20180107224906j:plain

 

警察だってな、必死になって被害者から話を聞いて、
地道な操作を経て、私たちに犯人を渡してるんだぞ。
それを簡単に不起訴にするな!

 

 

これは名言とは言いがたいのですが、

弁護士の対極にいる検事の仕事を考えると、

納得せざるを得ない言葉なんですよね。

 

とはいえ、無実かも知れない人を起訴して有罪にしてしまったら、

世の中は冤罪であふれかえってしまいます。

 

人が人を裁くというのは、本当に難しいことですが、

深山のように真実を見極める目を持つ人物がいれば、

罪のない人が苦しむということはなくなるでしょう。

 

次の事件は・・・

 

www.soralogue.com

 

こちらもおすすめです

 

www.soralogue.com

 

★このドラマは2016年5月15日に放送されたものです

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう。