妄想は永遠の正義

ドラマやアニメの感想記事をメインに、雑多なことを書き綴っています。

【99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅠドラマ感想】第4話

f:id:skyhigh1466:20171201135043p:plain

 

こんにちは。御園そら(@sky_high1466)です。
1月14日から「99.9-刑事専門弁護士ー」の続編がはじまるので、
今週は2016年に放送されたSEASONⅠの感想を書きます。
古いドラマですが、しばしお付き合いくださいね。

 

★SEASONⅡの公式サイトはこちらです

 

www.tbs.co.jp

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

 

前回の感想

 

www.soralogue.com

 

登場人物紹介

 

深山大翔(みやまひろと)

演:松本潤(幼少期:森田愛蓮)

お金にならない事件ばかり引き受ける貧乏弁護士。

才能を買われて大手の斑目法律事務所にスカウトされた。

考えを整理するときは必ず料理をする。

 

佐田篤弘(さだあつひろ)

演 :香川照之

元は東京地方検察庁の検事。

裁判に勝つことにとてもこだわる。

無類の競馬好きで恐妻家。

 

立花彩乃(たちばなあやの)

演:榮倉奈々

東大法学部出身のエリート弁護士。

民事事件を扱っていたが斑目の指示で深山につく。

プロレスおたくという意外な一面を持つ。

 

明石達也(あかしたつや) 

演:片桐仁

深山とはくされ縁のパラリーガル。

20年間にわたって司法試験にチャレンジするが全敗中。

 

藤野宏樹(ふじのひろき)

演:マギー

立花をサポートするパラリーガル。

双子の娘を持つ温和な男性。

 

戸川奈津子(とがわなつこ)

演:渡辺真起子

佐田をサポートするパラリーガル。

ドライな女性で実務能力はピカイチ。

 

志賀誠(しがまこと)

演:藤本隆宏

主に企業法務を担当する弁護士。

佐田に仕事を持っていかれたため対立する。

 

落合陽平(おちあいようへい)

演:馬場徹

志賀と同じく企業法務を担当する。

プラモデル検定2級などの資格を持つ。

 

丸川貴久(まるかわたかひさ)

演:青木崇高

東京地方検察庁の検察官。

深山とは法廷でしばしば戦うことに。

 

佐田由紀子(さだゆきこ)

演:映美くらら

佐田の妻で専業主婦。

美人だが肝の据わった性格で笑いながら怒る。

 

坂東健太(ばんどうけんた)

演:池田貴史

居酒屋「いとこんち」の店主で深山の従兄弟。

深山の過去を知る数少ない人物。

 

斑目春彦(まだらめはるひこ)

演:岸部一徳

班目法律事務所の所長。

飄々とした人物で洞察力に長けている。

 

大友修一(おおともしゅういち)

演:奥田瑛二

東京地方検察庁検事正。

高等検察庁の検事長になろうと野心を持つ。

 

第4話のあらすじ

 

ウドウ光学研究所に勤務する菊池章雄(板尾創路)は、

太陽光発電に関する世界的な発明を成し遂げた人物でした。

 

しかし、元同僚の井原(ハマカワフミエ)に対する強制わいせつの罪で、

訴えられてしまいました。

 

菊池は光学に関するシンポジウムがあったあと、

井原に声をかけられバーで一緒に飲みます。

 

菊池は倒れるほど泥酔してしまい、

その後の記憶はまったくなかったのです。

 

気づくとバーではなく路地裏にいたのですが、

突然、井原が胸を触られたと騒ぎ出し、

菊池は強制わいせつの罪で逮捕されてしまいました。

 

本人は「やってない」と主張しますが、

それを証明することは困難な状況でした。

 

そこで事件を担当した佐田(香川照之)は、

示談したほうが良いと提案します。

 

しかし深山(松本潤)は、

示談とは「罪を認めてしまうこと」だと言って、

あくまでも事実を突き止めることにこだわるのでした。

 

菊池は社内での評判も上々で、

彼の同僚たちは「そんなことをする人じゃない」と言っていました。

 

さらに深山たちが調べて行くと、

バーのマスターと井原の関係があやしいことがわかりました。

 

もしかしたら無罪を勝ち取れるかも知れないと思いきや、

ウドウ光学研究所の社長(升毅)が現れて、

事件を示談にしてほしいと持ちかけます。

 

こうして事件はなかったことになってしまうのですが、

菊池は娘から「やってもいない罪を認めるのか」と責められて、

再び斑目法律事務所に弁護を願い出ました。

 

すでに事件は解決したことになっているので、

再弁護は難しいと立花(榮倉奈々)は言うのですが、

深山は「ひとつだけ方法がある」と答えて、

真犯人を突き止めようとするのでした。

 

第4話の感想

 

よく電車の中での痴漢の冤罪がありますが、

今回のケースはそれと似ていましたね。

 

でも、菊池さんはちょっと脇が甘かったんじゃないでしょうか。

 

女性と2人きりで深夜に飲むというのは、

性的なリアクションがあっても、

おかしくない状況になりやすいからです。

 

そもそも、すごい特許を発明した人というのは、

嫉妬の対象になったり、何かと狙われやすいものです。

 

ここは研究仲間たちと一緒に飲むとか、

もう少し考えてほしかったところですね。

 

前回と同様にまたもや社長が事件の黒幕でしたが、

他社に菊池さんをヘッドハンティングされたくないから、

美人局を使って事件に巻き込んだのは許せません。

 

そんなに彼を手放したくないなら、

なぜ特許の報酬額をたった5万しか与えなかったんでしょう。

 

特許法の第35条では、

開発者に相応の対価を払うことが認められているのに、

ずいぶんとひどいじゃないですか。

 

実力がある者は、

きちんとした評価を受けなければならないと佐田は言いましたが、

本当にその通りですよね。

 

最後は斑目法律事務所の面々が活躍して、

すっきりと一件落着しましたが、

法廷シーンがなかったのは少し寂しかったですね。

 

深山が謎を解いたときにつぶやくギャグ

 

時間がオーバー久美子

 

これは菊池さんを路地裏に運ぶ現場検証をしたときに、

時間が井原の証言と食い違ったため、言った台詞です。

でも、大場久美子さんがどこにいたのかはわかりませんでした。

 

印象に残ったフレーズ:被告人の娘

 

f:id:skyhigh1466:20180107224906j:plain

 

お父さんは嘘をついても平気なの?
やってもいないことをやったと言って平気なの?
私はお父さんを信じてたから、
学校でみんなになんて言われても我慢できたんだよ。
嘘をついたお父さんが帰ってきても、
私たちは幸せになんてなれない。

 

 

真犯人の目的は助けた恩を着せて、

菊池さんを他社に行かせないことだったんですが、

自分の都合で人の人生を縛るのはおかしいですよね。

 

菊池さんの娘はお父さんが大好きだから信じていたんですが、

無罪を勝ち取らずに家に戻ってきた彼を見て、

なんだか裏切られたような気持ちになったんでしょう。

 

でも、この娘さんのひとことがなければ、

真犯人の思惑通りになってしまったんですから、

彼女の親を信じる気持ちが事件を解決に導きました。

 

これも素晴らしい家族の物語でしたね。

 

次の事件は・・・

 

www.soralogue.com

 

こちらもおすすめです

 

www.soralogue.com

 

★このドラマは2016年5月1日に放送されたものです

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう。