妄想は永遠の正義

ドラマやアニメの感想記事をメインに、雑多なことを書き綴っています。

【99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅠドラマ感想】第3話

f:id:skyhigh1466:20171201135043p:plain

 

こんにちは。御園そら(@sky_high1466)です。
1月14日から「99.9-刑事専門弁護士ー」の続編がはじまるので、
今週は2016年に放送されたSEASONⅠの感想を書きます。
古いドラマですが、しばしお付き合いくださいね。

 

★SEASONⅡの公式サイトはこちらです

 

www.tbs.co.jp

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

 

前回の感想

 

www.soralogue.com

 

登場人物紹介

 

深山大翔(みやまひろと)

演:松本潤(幼少期:森田愛蓮)

お金にならない事件ばかり引き受ける貧乏弁護士。

才能を買われて大手の斑目法律事務所にスカウトされた。

考えを整理するときは必ず料理をする。

 

佐田篤弘(さだあつひろ)

演 :香川照之

元は東京地方検察庁の検事。

裁判に勝つことにとてもこだわる。

無類の競馬好きで恐妻家。

 

立花彩乃(たちばなあやの)

演:榮倉奈々

東大法学部出身のエリート弁護士。

民事事件を扱っていたが斑目の指示で深山につく。

プロレスおたくという意外な一面を持つ。

 

明石達也(あかしたつや) 

演:片桐仁

深山とはくされ縁のパラリーガル。

20年間にわたって司法試験にチャレンジするが全敗中。

 

藤野宏樹(ふじのひろき)

演:マギー

立花をサポートするパラリーガル。

双子の娘を持つ温和な男性。

 

戸川奈津子(とがわなつこ)

演:渡辺真起子

佐田をサポートするパラリーガル。

ドライな女性で実務能力はピカイチ。

 

志賀誠(しがまこと)

演:藤本隆宏

主に企業法務を担当する弁護士。

佐田に仕事を持っていかれたため対立する。

 

落合陽平(おちあいようへい)

演:馬場徹

志賀と同じく企業法務を担当する。

プラモデル検定2級などの資格を持つ。

 

丸川貴久(まるかわたかひさ)

演:青木崇高

東京地方検察庁の検察官。

深山とは法廷でしばしば戦うことに。

 

佐田由紀子(さだゆきこ)

演:映美くらら

佐田の妻で専業主婦。

美人だが肝の据わった性格で笑いながら怒る。

 

坂東健太(ばんどうけんた)

演:池田貴史

居酒屋「いとこんち」の店主で深山の従兄弟。

深山の過去を知る数少ない人物。

 

斑目春彦(まだらめはるひこ)

演:岸部一徳

班目法律事務所の所長。

飄々とした人物で洞察力に長けている。

 

大友修一(おおともしゅういち)

演:奥田瑛二

東京地方検察庁検事正。

高等検察庁の検事長になろうと野心を持つ。

 

第3話のあらすじ

 

川口建設で経理を担当する吉田果歩(山下リオ)が、

1500万円を盗んだ容疑で刑事から厳しい取調べを受けていました。

 

しかし果歩は自身の潔白を主張します。

 

斑目法律事務所では深山(松本潤)が、

パラリーガルの藤野(マギー)が持参した弁当を食べていました。

それは藤野の妻が作ったものだったんですが、

深山は味が薄いといって「マイソース」をおかずにかけます。

 

すると味が抜群に良くなったので、

藤野をはじめ明石(片桐仁)や戸川(渡辺真起子)も驚くのでした。

 

深山は「素材が良いと味付けで大きく変わる」と言いました。

 

そんな彼らのもとに、

佐田(香川照之)が果歩の案件を持ってきました。

 

実は果歩の母親(麻生祐未)が、

いざというときのために貯めた老後の資金をはたいて、

娘の弁護を頼んできたのです。

 

しかも彼女は末期のすい臓がんで余命1ヶ月と宣告されていました。

 

被告人が女性だと知った立花(榮倉奈々)は、

「同じ女性だとプライベートなことが話しやすい」と言って、

担当を引き受けるのでした。

 

川口建設の金庫の暗証番号を知る人物は3人いました。

 

社長(鶴見辰吾)専務(田窪一世)そして果歩なんですが、

社長と専務は事件当日は出張で不在でした。

 

そこで確かなアリバイのない果歩が疑われ、

さらに自宅から盗まれた1500万と思われる大金が見つかったので、

あえなく起訴されてしまったのです。

 

果歩は節約してお金を貯めていたらしいのですが、

1ヶ月に7万貯金したとしても、勤続年数が足りないため、

1500万にはならないのでした。

 

立花と深山はそんな果歩に接見しますが、

彼女は母親が自分を救おうとしていると聞いて、

ひどく苛立ってしまいました。

 

それは彼女の暗い生い立ちが関係していたのです。

 

果歩の父親は定職を持たず、多額の借金を抱えていました。

その上、母親に暴力をふるうひどい男でした。

 

母親はたまらず、家を出ることにしたんですが、

果歩を連れてゆくことができず、そのまま離れ離れになりました。

 

まもなくして父親は亡くなったのですが、

母親はすでに再婚していて、果歩を引き取ることができませんでした。

 

果歩はこのことをずっと恨んでいたのです。

 

しかし深山は果歩の過去より、

1500万という大金の出所を知りたいと思いました。

 

そこで果歩の生活ぶりを調べてみると、

川口建設のほかに夜の仕事に就いていることがわかりました。

 

さらに果歩がいた児童養護施設の職員から、

果歩が『大きな三角屋根の家』が好きだったことを聞かされます。

 

立花は頑なになる果歩に対して、母親の手紙を読みあげるのですが、

すると果歩は今まで抑えていた思いを吐露しました。

 

「お母さんに会いたい」と-

 

そして事件を示談にしてほしいと立花に頼むのでした。

 

立花はこのことを佐田に相談すると、

彼はそれが依頼人の利益になると答えました。

 

しかし納得できない立花は所長の斑目からアドバイスをもらい、

裁判で無罪を勝ち取ることを果歩に約束するのでした。

 

第3話の感想

 

殺人事件ではなく、

しかも女性の立花が活躍する話だったのが良かったです。

 

被告人と母親の親子愛にも胸を打たれました。

 

果歩さんは「あんな女」と言いながらも、

お母さんのことが大好きで仕方がなかったんですね。

 

小さい頃に『大きな三角屋根の家』に住むという夢を2人で見ていたので、

なんとしても叶えたいと、夜の仕事をしてまでがんばっていました。

 

そんな果歩さんに泥棒の罪をなすりつけた社長は最低です。

 

仕事の受注を増やしたいなら、

料亭での裏取引なんかじゃなく、コスパや品質で勝負すればいいじゃないですか。

 

川口建設の従業員に罪はありませんから、

今後がどうなるのか心配になってしまいました。

 

金庫の暗証番号のトリックは簡単でしたね。

 

5612+1247=6859(社長の答え)

5012+1247=6259(専務と果歩さんの答え)

 

確かに「6」と「0」は、手書きだと間違えることがよくあります。

 

果歩さんは立花や深山の活躍で無罪を勝ち取って、

お母さんにもようやく会うことができました。

 

2人で『大きな三角屋根の家』に住むことは叶いませんが、

果歩さんがいつか、温かい家族と一緒に幸せに暮らせることを願っています。

 

深山が謎を解いたときにつぶやくギャグ

 

金庫なんか、あきんこない

 

メモに書かれた2種類の数字を見て、

暗証番号のトリックに気づいた深山ですが、

このネタはちょっと寒かったですね。

 

印象に残ったフレーズ:立花彩乃

 

f:id:skyhigh1466:20180106233936p:plain

 

私はあなたの弁護人です。
だけど、あなたの苦しみは私にはわかりません。
だからもし自分だったらどうするか、考えました。
私はお母さんに会うために、
何年も必死で働いて貯めてきたお金を、
盗んだお金だなんて言われたくない。
そんな姿でお母さんに会いたくない。
私だったら戦って無実を証明して、お母さんに会いたい。
私にあなたの無実を証明させてください、お願いします。

 

 

弁護士の利益と依頼人の希望が完全に一致するということは、

「なかなか難しいのでは・・・」と思うんですが、

今回はそれが実現した稀なケースかも知れません。

 

もし示談という結果になったら、

果歩さん本人もそうですが、お母さんがいちばん悲しんだでしょうね。

 

事件は解決しても、娘は罪人のままですから。

 

相手の苦しみを理解することはできなくても、

弁護士として戦って無罪を勝ち取ってみせるという、

立花の強さがカッコいいと思いました。

 

次の事件は・・・

 

www.soralogue.com

 

こちらもおすすめです

 

www.soralogue.com

 

★このドラマは2016年5月1日に放送されたものです

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう。