妄想は永遠の正義

ドラマやアニメの感想記事をメインに、雑多なことを書き綴っています。

【99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅠドラマ感想】第2話

f:id:skyhigh1466:20171201135043p:plain

 

こんにちは。御園そら(@sky_high1466)です。
来年の1月14日から99.9-刑事専門弁護士ーの続編が始まるので、
2016年に放送されたSEASONⅠの感想を書いています。
古いドラマですが、しばしお付き合いくださいね。

 

★SEASONⅡの公式サイトはこちらです

 

www.tbs.co.jp

 

f:id:skyhigh1466:20171216202918p:plain

 

 

前回の感想

 

www.soralogue.com

 

登場人物紹介

 

深山大翔(みやまひろと)

演:松本潤(幼少期:森田愛蓮)

お金にならない事件ばかり引き受ける貧乏弁護士。

才能を買われて大手の斑目法律事務所にスカウトされた。

考えを整理するときは必ず料理をする。

 

佐田篤弘(さだあつひろ)

演 :香川照之

元は東京地方検察庁の検事。

裁判に勝つことにとてもこだわる。

無類の競馬好きで恐妻家。

 

立花彩乃(たちばなあやの)

演:榮倉奈々

東大法学部出身のエリート弁護士。

民事事件を扱っていたが斑目の指示で深山につく。

プロレスおたくという意外な一面を持つ。

 

明石達也(あかしたつや) 

演:片桐仁

深山とはくされ縁のパラリーガル。

20年間にわたって司法試験にチャレンジするが全敗中。

 

藤野宏樹(ふじのひろき)

演:マギー

立花をサポートするパラリーガル。

双子の娘を持つ温和な男性。

 

戸川奈津子(とがわなつこ)

演:渡辺真起子

佐田をサポートするパラリーガル。

ドライな女性で実務能力はピカイチ。

 

志賀誠(しがまこと)

演:藤本隆宏

主に企業法務を担当する弁護士。

佐田に仕事を持っていかれたため対立する。

 

落合陽平(おちあいようへい)

演:馬場徹

志賀と同じく企業法務を担当する。

プラモデル検定2級などの資格を持つ。

 

丸川貴久(まるかわたかひさ)

演:青木崇高

東京地方検察庁の検察官。

深山とは法廷でしばしば戦うことに。

 

佐田由紀子(さだゆきこ)

演:映美くらら

佐田の妻で専業主婦。

美人だが肝の据わった性格で笑いながら怒る。

 

坂東健太(ばんどうけんた)

演:池田貴史

居酒屋「いとこんち」の店主で深山の従兄弟。

深山の過去を知る数少ない人物。

 

斑目春彦(まだらめはるひこ)

演:岸部一徳

班目法律事務所の所長。

飄々とした人物で洞察力に長けている。

 

大友修一(おおともしゅういち)

演:奥田瑛二

東京地方検察庁検事正。

高等検察庁の検事長になろうと野心を持つ。

 

第2話のあらすじ

 

深山(松本潤)たち刑事専門チームのメンバーは、

山下(風間俊介)という青年の弁護を引き受けることになりました。

 

彼は居酒屋で口論となった男を殺したという容疑を持たれていたのです。

 

佐田(香川照之)は複数のクライアントから、

「刑事事件を引き受けるのですか?」と尋ねられ少し苛立っていました。

 

もともと企業法務を中心に仕事をしていたからです。

 

出勤すると立花(榮倉奈々)とエレベーターで鉢合わせたのですが、

彼女は「刑事事件」を勉強するための本を持っていました。

 

佐田は思わず「おれにもその本を貸してくれ」というのでした。

 

山下のもとに接見に行くことになった3人は、

彼から事件の経緯を尋ねるのですが。

山下は「被害者に殺されそうになったから刺した」と言って、

自身の正当防衛を主張するのです。

 

しかし深山は妙な違和感を覚えて、事件の再検証をはじめました。

膨大な資料を事務所に集めたため、仕事は真夜中の3時まで及び、

メンバーはそのまま泊り込むほどでした。

 

山下は接見時の証言で被害者を2度刺したと言っていましたが、

実際の傷は5箇所もありました。

 

さらに、被害者が持っていた現金入りの封筒もなくなっていたのです。

 

深山は事件の発端となった居酒屋の主に話を聞きますが、

これといった有力な情報は得られません。

 

商店街の人々に聞いてみても結果は同じでした。

 

捜査が行き詰まった深山は再び被害者の資料を読み、

「あること」に気づいて静岡に出かけます。

 

行ってはみたものの、まだ給料をもらっていないため、

立花が深山の金銭面をサポートするために同行しました。

 

そこで2人は思わぬことを知ったのです。

 

事件は偶然に起きたものではなく、

背景には複雑な人間関係が潜んでいたのでした。

 

第2話の感想

 

依頼人は居酒屋で迷惑行為をしていた男を注意したんですが、

口論がエスカレートして殺人事件に発展してしまいました。

 

見知らぬ同士が喧嘩して悲劇になったと思いきや、

なんと被害者は依頼人の婚約者を死に追いやっていたんです。

 

しかも被害者はある有力者の孫でした。

 

被害者はかつて、依頼人の婚約者をレイプしていたのに、

祖父の力で無理やり示談にしてしまったんです。

 

依頼人が真犯人だと、深山たちは裁判で負けることになります。

でも「こういった事情なら仕方がないのかな・・・」と思いましたね。

 

ところが事件の真相は思わぬところから出てきました。

 

善良な人だと思われていた居酒屋の主が、

なんと被害者の知り合いでレイプ事件に加担していたんです。

 

彼は被害者から脅迫を受けていて、

それが一生続くのが嫌で殺害したと言いました。

 

他人に罪をなすりつけて何食わぬ顔で生活しようとするなんて、

本当にひどいじゃないですか。

 

脅迫されたら警察に相談すればいいのに、居酒屋の主がそうしなかったのは、

過去の犯罪が明るみになるのが怖かったからなんでしょう。

 

依頼人は正当防衛を主張していましたが、

被害者への殺意があったので却下されました。

 

「しっかり罪を償ってきます」と言った表情が潔かったですね。

 

ちなみに依頼人の山下を演じたのは、

「陸王」で「こはぜ屋」に新規事業を提案した坂本です。

 

f:id:skyhigh1466:20171203154228j:plain

今回の事件の依頼人・山下(風間俊介

f:id:skyhigh1466:20171120114616p:plain

「陸王」の坂本太郎 (風間俊介)

 

また斑目法律事務所にヘタレ弁護士の落合がいるんですが、

彼はなんと私の大好きな大橋融資課長なんですよ。

 

f:id:skyhigh1466:20171203154519p:plain

斑目法律事務所の落合陽平(馬場徹)

 

f:id:skyhigh1466:20171120114931p:plain

「陸王」の大橋融資課長 (馬場徹)

 

「99.9-刑事専門弁護士-」と「陸王」は同じ日曜劇場の枠なので、

おなじみの俳優さんが登場することが多いんでしょうね。

 

最後に被害者の祖父で鼻持ちならない有力者を、

斑目所長がやりこめたのも痛快でした。

 

法廷シーンがあったら100点満点だったんですが、

白黒がはっきりする展開は見ていてスカッとしますね。

 

深山が謎を解いたときにつぶやくギャグ

 

なるほど、やっぱり・・・

お金はおっかねえ。なあ、おかねさん

 

「おかねさん」とはいったい誰だったのでしょう?

深山の笑い方も気になりました。

 

印象に残ったフレーズ:斑目春彦

 

f:id:skyhigh1466:20171217021338p:plain

 

後ろにパスを出しても

ボールは誰かが前に進めて行くんだ

 

斑目所長はなかなかしたたかな人物ですが、

学生時代はラガーマンだったようです。

 

ラグビーのスピリッツは「One For All,All For One」となんですが、

個性的なメンバーぞろいの刑事専門チームは、

なんだかんだ言いながらも連携がしっかり取れていますよね。

 

事件の被害者の祖父は斑目法律事務所の大口クライアントだったので、

「契約解除するとまずいのでは・・・?」と心配しましたが、

彼のライバル会社と手を組んでいたとはお見事でした。

 

岸部一徳さんは、大御所的な役柄がとてもよく似合います。

 

次の事件は・・・

 

www.soralogue.com

 

こちらもおすすめです

 

www.soralogue.com

 

★このドラマは2016年4月24日に放送されたものです

 

f:id:skyhigh1466:20171216202918p:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう。