妄想は永遠の正義

ドラマやアニメの感想記事をメインに、雑多なことを書き綴っています。

【2018年】今年もよろしくお願いいたします

f:id:skyhigh1466:20180103000207p:plain

 

あけましておめでとうございます。
「妄想は永遠の正義」のオーナー
御園そら(@sky_high1466)です。

 

www.youtube.com

 

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

ごあいさつ

 

昨年は当ブログを応援していただき、

本当にありがとうございました。

 

今年もボリューミーな駄文を展開しますが、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

この美人さんは「太閤立志伝5」で作りました

 

実は昨年の最後に公約していたことがあったので、

新年早々、実行してみました。

 

【プロフィール画像】の変更です。

 

f:id:skyhigh1466:20180103001032j:plain

 

これは「太閤立志伝5」というゲームで作成したオリキャラです。

なんとなく美少女戦士セーラームーンに出てくるサターンに似ていますね。

 

dic.pixiv.net

 

f:id:skyhigh1466:20180103001409j:plain

 

以前使っていたプロフィール画像は、

ある似顔絵メーカーサイトで作ったんですが、

頭が大きすぎて可愛くないと思ったんです。

 

管理人は半世紀近くも生きてる「普通のおばさん」なので、

別にあのままでもダメではないんですが、

せっかく『妄想は永遠の正義』という雑記ブログをやっているんですから、

リアルとはまったく似ていない美人キャラでもいいじゃないですか。

 

「太閤立志伝5」は戦国時代が舞台のゲームなので、

キャラの服装はどうしても着物になります。

 

そこでブログのプロフィール画像として違和感のないように、

「陸王」の「こはぜ屋」のはんてん風のコスチュームを選んで、

可愛い猫ちゃんをパーツとしてつけてみました。

 

背景のテクスチャは写真ACからダウンロードしたんですが、

「青い絹」という名前でした。

 

勝手に「シルクレイ」の別バージョンをイメージしましたよ。

 

これだけいい感じのプロフィール画像なら、

もう絶対に変える必要はないですね。

 

ちなみに「太閤立志伝5」のゲーム概要や、

オリキャラの作り方については、また別の機会にお話します。

 

数あるコーエーの歴史シミュレーションの中では、

最高峰の神ゲーといわれているんですよ。

 

太閤立志伝 5

太閤立志伝 5

 

 

「陸王」のおかげで駅伝も盛り上がりました

 

我が家のお正月は毎年、駅伝を見て盛り上がります。

 

とくに元日は地元・前橋でニューイヤー駅伝(実業団の大会)があるので、

私はすごくテンションが高くなります。

 

今年は「陸王」のおかげで、いつもより注目が集まったようです。

中継局がTBSのせいか、あのカッコいいメインテーマ曲も流れました。

 

レースは旭化成が圧倒的な強さを見せて優勝したんですが、

なんと第1区を担当したランナーは茂木圭次郎さんという方でした。

 

「陸王」の茂木選手と同じ名前だったので、

ツイッターではすごく反響がありました。

 

 

さらに昨日あった箱根駅伝(往路)の第5区では、

なんと青木涼真くんという名前の選手がいたんです。

 

これまたすごい偶然でしたね!

 

「涼真」という名前は、

茂木選手を演じた竹内涼真さんと一緒ですから。

 

しかも埼玉の出身で「陸王」みたいな青いシューズを履いていました。

そういえば、茂木選手も箱根5区を走ったと言われていましたよね。

 

しかも青木涼真くんは区間新記録を出すという大活躍をしたので、

一気に「時の人」になりました。

 

news.livedoor.com

 

箱根駅伝(往路)は東洋大学が優勝しましたが、

2位の青山学院大学とは36秒差なので、

今日の復路がどうなるのか注目されますね。

 

家族を大事にしようと思ったバッドな出来事

 

箱根駅伝には数々の難所が出てきますが、

実は我が家の年末年始も同じようにたいへんなんです。

 

障碍者施設に入所している息子が帰省するので、

いつもと違ってハードな時間が流れます。

 

重度の発達障害を持つといっても、

基本的な会話やお手伝いなどはできるので、

そういったことへの介助は必要ありません。

 

でも息子はこだわりが非常に強く、

ずっとノンストップでしゃべり続ける傾向があるので、

長時間お世話するのは骨が折れるんですね。

 

いちばん気の毒なのは愛猫のあんのんでした。

 

普段は息子とほとんど接する機会がないので、

「全く知らない誰か」が来たと勘違いしてしまい、

部屋中うろうろして落ち着かなかったんですよ。

 

息子が施設に帰ったらおとなしくなると思ったんですが、

あんのんはまた彼が来ると信じていたようです。

大きな声で鳴いて、早寝した夫と娘の安眠妨害をはじめました。

 

眠いところを猫に邪魔されるのは辛いものです。

 

お正月だというのに、

夫・娘・私の間で喧嘩まがいの事態が発生してしまいました。

 

「なんか今年は嫌なことがあるのかな・・・」と不安になりましたが、

私は修造さんからポジティブスピリッツを学んでいる人です。

 

「大丈夫!そらならできる!」

 

気を取り直して「お正月の喧嘩」について調べてみました。

 

toyokeizai.net

 

toyokeizai.net

 

幸いなことに、私が気持ちを落ち着けたら主人の機嫌は直りました。

 

しかし娘は兄ほどではありませんが、

軽い発達障害がある子なので、まだ少し不安定になっています。

 

普段と違う生活サイクルになったときは注意が必要ですね。

 

あんのんは口が聞けないので、

何かを訴えるときはただ鳴くしかありません。

 

どうやら年に2回しか帰省しない息子に、

自分のテリトリーを荒らされたと思っていたようです。

 

猫は環境が変わるのをとても嫌う生き物ですから、

落ち着かないのは大目に見るしかないでしょう。

 

そうです。

 

ペットの飼育は忍耐との戦いなんですよね。

昔見ていたドラマにもこんな台詞がありましたから。

 

『都合の良い時だけ、かわいがるのが愛情か?

人間の都合は、動物には関係ない。

愛情って言うのは、

自分の時間を犠牲にしてでも、相手に時間を割いてやることだ』

by 獣医ドリトル(第7話から)

 

夫と娘はあんのんにひどいことを言いましたが、

猫は大切な家族です。

 

純粋でキレイな目をした子には、何の罪もありません。

 

私は本来、争いが苦手な平和主義者なので、

家中に波風が立つとストレスがたまってしまいます。

 

そこで「太閤立志伝5」をプレイして、

先ほどのオリキャラを作りながら、気持ちを落ち着けました。

 

いろいろあるのは仕方のないことなんですが、

家族とは仲良くありたいものですよね。

 

まとめ

 

私の2018年は駅伝に例えると、

いきなりスタートから転倒してしまったようですが、、

「これで今年の悪いものはみんな出た」と捉えて

可愛いあんのんに感謝したいと思います。

 

青山学院大学の原晋監督の名言にも、

お互いの考えや意見を直接言い合うことで、

変な誤解も生まれず、お互いの納得感も高まります】とあったので、

身近な家族とは腹を割って話し合うことが必要ですね。

 

f:id:skyhigh1466:20180103012651j:plain

 

転んでしまっても諦めなければいい結果に繋がりますから、

今年は絶対に素敵な年にしたいと思います。

 

f:id:skyhigh1466:20180118013725j:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう。